株式会社フジクラ

  1. Home
  2. ESG
  3. 社会福祉法人「藤倉学園」の支援

ESG

フジクラならではの取り組み

社会福祉法人「藤倉学園」の支援

藤倉学園とは

 藤倉学園の支援は、フジクラグループの社会貢献活動の一環として、利用者である知的障害者の尊厳を保持し、心身ともに健やかに育成され、個々人の能力に応じ自立した日常生活を地域社会において営むことができるように支援することを目的としています。
 社会福祉法人「藤倉学園」は、100年前の1919年6月7日に創業者藤倉善八の実弟である中内春吉が、知的障害者および児童のために多額の私財(現在の金額換算で約20億円)と学園の土地4万坪と建物を寄贈し、伊豆大島元町に創設されました。現在、伊豆大島と多摩(八王子市)に施設があり、約130名の園生に100名程の職員が24時間体制で指導・支援を行っています。
 フジクラグループは、創設以来、会社としてだけではなく社員個々人からの寄付を今日まで続け、支援を継続しています。フジクラグループは、「藤倉学園」への支援を社会貢献活動の原点として、これからも大切に守っていきたいと考えています。

藤倉学園創設者 中内春吉

藤倉学園創設者 中内春吉

自立支援施設「フジカフェ」

自立支援施設「フジカフェ」

大島藤倉学園

大島藤倉学園

社会福祉法人藤倉学園の概要

  • 創 設:  1919年(大正8年)6月7日
  • 理事長:  下田雄一郎
  • 事業内容: 大島藤倉学園 多摩藤倉学園
  • 園生数:  約130名

社会における藤倉学園の位置づけ

社会における藤倉学園の位置づけ

支援の目的

 藤倉学園の支援は、フジクラグループの社会貢献活動の一環として、利用者である知的障害者の尊厳を保持し、心身ともに健やかに育成され、個々人の能力に応じ自立した日常生活を地域社会において営むことができるように支援することを目的としています。

主な支援活動

藤倉学園支援の輪

 募金などの寄付やボランティア活動、物販購入などさまざまな支援を通じて、社員一人ひとりのマインドセット(思考・行動様式・信念)の醸成にもつながっています。

藤倉学園サポート

事業所の募金を贈呈

募金の贈呈
募金の贈呈

 フジクラ佐倉事業所では、毎年末に藤倉学園支援のための募金を集める活動を行っています。2018年度も集まった募金を大島藤倉学園の学園長に届けました。今後も事業所の支援活動を継続していきます。

株主総会でフジカフェ製品を配布

株主総会来場者へ配布
株主総会来場者へ配布

 フジクラグループのCSR活動を広くステークホルダーの皆様に知っていただくことを目的に、株主総会にご来場いただいた株主の皆様へ、大島藤倉学園が経営するフジカフェで製造・販売しているクッキーを配布しました。株主の皆様にもフジクラグループの社会貢献活動の原点をご理解いただくため、今後も継続していきます。

新入社員1日ボランティア活動

新入社員
ボランティアを行う新入社員

 毎年、新入社員は研修の一環として、多摩藤倉学園でのボランティア活動を行っています。ボランティア活動で社員同士の絆を深めるとともに、先人たちの志の高さを実感し、フジクラのDNAを継ぐ者として藤倉学園への支援の重要さを認識しています。

フジカフェ製品即売会

年2回本社で行われるフジカフェ製品即売会
年2回本社で行われるフジカフェ製品即売会

 伊豆大島にある「フジカフェ」は、藤倉学園入所者が自立のために職業訓練などを受ける、生活介護事業所です。フジカフェで製造された製品(パウンドケーキやクッキーなど)を社員に販売する「藤倉学園製品即売会」をフジクラ本社で開催し、支援を継続しています。

藤倉学園を応援する自動販売機設置

 フジクラ本社や各事業所、グループ会社に、「藤倉学園」を支援する自動販売機を設置しています。この自動販売機は飲み物を買うとその売上金額の一部が藤倉学園に寄付されるシステムになっています。自動販売機の設置は、サッポロビールの系列企業である「ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)」殿との共創によって実現したものです。

藤倉学園を応援する自動販売機

売上金額の一部が藤倉学園に寄付される自動販売機

藤倉学園を応援する自動販売機

藤倉学園を応援する自動販売機

PAGE TOP