株式会社フジクラ

  1. Home
  2. 研究分野
  3. 高温超電導
R&D
高温超電導

高温超電導

超電導技術は医療分野のMRI(Magnetic Resonance Imaging:磁気共鳴画像診断)装置、半導体分野のシリコン結晶炉引上げ装置などで使用されていることが知られています。従来の超電導装置は冷却に液体ヘリウム(摂氏マイナス269度)を用いる金属系低温超電導線材が使われていますが、液体ヘリウムは希少な天然資源であり、価格高騰や調達面で課題があるとされています。そのため当社が開発を進めるレアアース系高温超電導線材は液体ヘリウムを使用しない次世代の高温超電導機器を実現する製品として早期の実用化が期待されています。

レアアース系高温超電導線材はテープ状のニッケル基合金基板上に、イオンビームアシスト蒸着(IBAD;Ion Beam Assisted Deposition)法などによる中間層を介してレアアース(イットリウムなど)からなる酸化物超電導材料を成膜した超電導線材です。その特性は強磁場中でも高い電流特性を示し、電流密度が高く、交流損失も小さく、高温超電導線材の中でも性能の高い線材です。

当社は1987年に高温超電導材料が発見されて以来、精力的にレアアース系高温超電導線材の開発を進め、世界トップレベルの性能を実現して参りました。現在、量産製造技術開発を進めており、線材の更なる長尺化、低コスト化に向けた開発を進めています。また、超電導コイル等の応用開発も積極的に行っています。

当社は、今後もレアアース系高温超電導線材およびコイル製品の提供により低炭素社会の実現に向けた研究開発活動を進めて参ります。

レアアース系高温超電導線材外観 レアアース系高温超電導コイル外観

研究開発に関するお問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

PAGE TOP